韓国経済混乱必死か?サムスン電子で初の労働組合結成 国全体に影響する可能性も
1:2019/12/06(金) 17:36:53
サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響する可能性も

<韓国最大の企業であるサムスン電子で初めて、労働組合が結成された。韓国では労組の影響力が強く、さらに現在は文在寅大統領の下、労働争議が勢いを増している。韓国経済の先行きは楽観できない>
11月、韓国最大企業であるサムスン電子で韓国労働組合総連盟(韓国労総)に所属する労働組合が正式に発足した。同社で労働組合のナショナルセンターに所属する労働組合が結成されたのは初めて。新規に結成された労組関係者は、すでに「権利を奪還する」と意気込みを示している。
今回の労組結成は、サムスン電子だけでなく韓国経済全体に大きな意味を持つ可能性がある。強力な労働組合が発足すると、経営者はその要請に耳を傾けなければならない。その分、経営の自由度はそがれるだろう。サムスン電子の売上高が韓国全体の国内総生産(GDP)の約15%に達することを考えると、労組結成が韓国のマクロ経済の成長に与えるインパクトは軽視できない。
企業が成長を目指すためには、成長が期待される分野にヒト・モノ・カネの経営資源を再配分しなければならない。サムスン電子は、組織全体が自律的に業務拡大を目指す体制を整え、成長を実現してきた。しかし、労働組合が既得権益の強化を求め始めると、組織の団結力は低下するだろう。サムスン電子内で労働組合の要求が激化すれば、他の財閥大手企業などにも影響は及び、韓国経済にさらなる下押し圧力がかかる展開も考えられる。

「無労組経営」の成功

韓国の大手財閥企業の中でも、サムスン電子は長い間「無労組経営」を続けてきた。サムスン電子は常に成長が目指される経営風土を確立し、実際に業績の拡大と賃金の増加を実現することで、労使の利害衝突が表面化しないよう取り組んできた。
その背景にはいくつかのポイントがある。特に、同社の会長を務めた李健熙(イ・ゴンヒ)氏の手腕は重要だ。1993年、同氏は自社製品の品質問題に直面し、組織全体が生産量ではなく品質を重視するよう、徹底した改革を行った。組織に属する全員に対して「家族以外はすべて変えよう」といったメッセージを送り、自らより良い製品を生み出そうとすることを求めた。また、経営トップが企業全体の進むべき方向を示し、各事業部門における業務執行は専門家に任せる組織体制も整えた。


https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/12/post-13555.php


ネットの反応

韓満所感
まーたセルフ経済制裁かww
韓満所感
ストライキしても給料もらえる法律があるんだよね。北シンパの労組も安心だ。
韓満所感
サムスンへのとどめになるかもしれんねこれ
韓国の労組は異常
韓満所感
これは
自爆行為だな
韓満所感
最悪なときに最悪な選択するのは伊達じゃない
韓満所感
労組できてよかったじゃーん
また一歩先進国に近づいたね!
韓満所感
また一つ工場が稼働しなくなるのかw
韓満所感
有給で組合活動出来る不思議な国
韓満所感
大幅売上減に人件費アップと有給ストライキか…大変だなw

コメントをどうぞ!